フローラフロラで用いる3種類のフラワーエッセンスをご紹介します

FES(Flower Essence Service)

 

クィントエッセンシャルズ

リチャード・キャッツとパトリシア・カミンスキー夫妻による、北アメリカ・カリフォルニアのレメディです。現代を生きる私たちにとってサポートとなるフラワーエッセンスが揃っています。元々その土地に住んでいたネイティブアメリカンにゆかりの深い野生のハーブや、FESの研究所でもあるデメター認定を受けたオーガニックガーデンで栽培された花たちから作られた103種類のフラワーエッセンス。世界に5万人のプラクティショナー(フラワーエッセンス療法の専門家)がおり、50カ国以上の国で使用されています。フラワーエッセンスは、近年、特に補完医療の充実した国々では広がりを見せています。

 

 

レンジ オブ ライト

FESの新しいシリーズ。

自然と人間の関係や、より高度な領域を主に扱う48種類のレメディ。

最近の子供たちの(大人も)情緒的な健やかさを促すレメディもあります。


このシリーズからのおすすめ、アルパインアスターをかいつまんで紹介します。

標高の高い山に咲くキク科のアルパインアスターは薄紫色の花弁を持ち、中央に黄金色に輝く花の集合体・筒状花を持ちます。

アルパインアスターは、視点を高く持ち上げることで状況を俯瞰する鳥の目と、命の深淵さに触れる経験を人にもたらします。人生を振り返る中年期に、解決の糸口が掴めそうには思えない状況や、生死に関わる状況時などに、物事を少し違った視点で見ることができるようアルパインアスターは星のように語りかけます。特に、生きることを深く考えさせられるような状況時や、人生の方向性を探し八方塞がりに思えるような状況にインスピレーションを吹き込み、思考に広がりをもたらしてくれます。



Healing Herbs

 

バッチレメディ

ジュリアン・バーナード氏による、1930年代のイギリスでバッチ博士が開発したシリーズ。ヒーリングハーブス社のバッチレメディです。最もポピュラーかつ、人間の根源的な感情を主に扱う38種類のレメディ。


フローラフロラでは、ヒーリングハーブス社がつくったマザーエッセンス(原液)をFESが希釈しボトルに詰め製品化したバッチを使用しています。フラワーエッセンスはエネルギーレメディゆえに、製作者や土地のエネルギーもその性質に関係します。イギリスの自然と北アメリカの火山と氷河のダイナミックな自然環境では同じ花でもおのずとその作用の表れ方が違ってきます。

ルー
ルー